いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

【悲報】安倍総理を激怒させた富川悠太アナに「報ステ」更迭論が浮上

   

【悲報】安倍総理を激怒させた富川悠太アナに「報ステ」更迭論が浮上

安倍総理を激怒させた富川悠太アナに「報ステ」更迭論が浮上

1 :  2016/07/19(火) 10:50:08.08 ID:TGJLJZDL0●.net
ニュース番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスターを務める富川悠太アナウンサー(39)に、同番組からの更迭論が持ち上がっている。すでに本サイト『まいじつ』(6月22日付配信)では富川アナについての“早期交代説”を報じているが、今度は交代ではなく更迭だというのだ。

「局所属のアナウンサーなので、クビではありませんが、他番組に飛ばす可能性が極めて高くなった。上層部は、富川アナの無知ぶりに対して限界を迎えており、どうやって降板させようかと思案しています」(テレビ朝日関係者)

富川アナは4月より報道ステーションのキャスターに就任した。その当初から、ニュースへのコメントが的外れだと不安視されていたが、7月10日に放送された参院選特番『選挙ステーション』で致命的な発言をしてしまった。

「圧勝した自民党の安倍総理が、番組途中でインタビューを受け、その際に富川アナはいきなり『憲法改正は?』と質問した。すると安倍総理は、『国会で論議し、憲法審査会で審議して…』と答えた。そして富川アナは立て続けに『憲法のどの条文を?』と聞いた。これには総理もムッとした顔で『審査会があって国民投票があるでしょ』と、個人の見解を示さなかったのです」(テレビ朝日関係者)

さらに、富川アナは安倍総理に質問を投げかけたが、次のように一蹴されている。

「富川アナはしつこく『憲法改正ですよね?』と安倍総理に念押すのです。それに対して安倍総理は、強い口調で『あなた、なんてアナウンサーですか?』と逆に質問。
そのうえで『憲法と法律、ごちゃ混ぜにしているでしょ』、『国民投票ですよ!』と吐き捨てた。これで富川アナはなにも言えなくなったのです」(同)

安倍総理が怒るように、富川アナは質問が整理できていないまま、相手に投げかけている。

「法律は私たちを縛る。憲法は私たちの権利と自由を守るため国を縛る。法律と憲法とでは、向いている方向が逆です。これは日本弁護士連合会のホームページにもある文言です。憲法は、党や総理個人の判断で変えられるものでない。これを知らないアナウンサーがいること自体驚きです」(司法ライター)

このやりとりを放送してしまったことで、局の面子は丸潰れになった。

「テレビ朝日は“抗日”、“反自民”と呼ばれるほど、安倍総理の批難を続けている。
そこへ、富川アナがいい加減な質問をして、『なんてアナ?』などとやり込められた。すでに後任の人選に入ったみたいですよ」(同)

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/myjitsu-7698/

1

続きを読む

 - ニュース