いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

【悲報】黒柳徹子 激太り、ロレツ回らず、歩行困難…「撮影禁止」が通達された厳戒イベント

   

【悲報】黒柳徹子 激太り、ロレツ回らず、歩行困難…「撮影禁止」が通達された厳戒イベント

黒柳徹子 激太り、ロレツ回らず、歩行困難…「撮影禁止」が通達された厳戒イベント

1 :  2016/08/06(土) 10:59:33.12 ID:CAP_USER9.net
長野県北安曇郡松川村に「トットちゃん広場」が完成し、7月23日に黒柳徹子(82)がその竣工式と名誉村民賞授与のために訪れた。ところが登場した彼女の姿を見た村民からは驚きの声が上がったのである。

「まるで肉襦袢を着ているようだ‥‥」

集まった報道陣からそんなつぶやきが出ると同時に、村民たちも皆、目を丸くする──。

「トットちゃん広場」は、大ベストセラーとなった黒柳の自伝的小説「窓ぎわのトットちゃん」に登場する「電車の教室」を再現したもの。それが安曇野の地、安曇野ちひろ公園内にオープンしたのだった。地元記者が語る。

「おめでたい日だというのに、関係者は朝から超ピリピリムード。黒柳が子供時代に学んだトモエ学園の『電車の教室』で、座ったままでの撮影となったんですが、公園内での撮影が許可されたのはそこだけでした。歩く姿をカメラマンが撮影しようとするとスタッフがすっ飛んできて、『写真撮影はやめてください!』と叫ぶものものしさでした。とはいえ、体重が膝にきているのか、1人では足元もおぼつかない様子で、終始、スタッフにつかまりながら歩いていましたが。とにかく下半身の膨らみ、激太りがすごく、村民からは『あれ? マツコ・デラックスが来たのかと思った』という声も出ていました。テレビで見るのとはあまりにかけ離れている姿に、驚くのも無理はありません」

座った状態ではわかりづらい「激太り」「弱々しい姿」が、立ち上がるとはっきり確認できるのだという。

結局、電車の教室内での子供たちとの記念撮影、松川村名誉村民の授与式、村長との会談、記者会見など、記念式典は全て着席したまま。

「60代でやったという総入れ歯がかみ合っていないのかどうかは知りませんが、しばしロレツが回らないシーンもありました」(前出・地元記者)

最近は滑舌の悪さとともに、会話に以前のようなキレがなくなったとの指摘もある。レギュラー番組でも、

「視聴者から、徹子さんが何を言っているのか聞き取りにくい、といった問い合わせがあります」(「徹子の部屋」関係者)

さらに記者会見では、主催者サイドが事前にマスコミ各社からの質問事項をチェックする気の遣いよう。

http://dailynewsonline.jp/article/1175524/

1

続きを読む

 - ニュース