いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

【悲報】香取慎吾さん、衝撃発言

   

【悲報】香取慎吾さん、衝撃発言

【SMAP】香取「もうメンバーの顔も見たくない」

1 :  2016/08/21(日) 16:40:03.26 ID:CAP_USER9.net
<SMAP解散の真相(7)>

「休業」でまとまりかけたSMAPの運命は「休業ではなく解散」という香取慎吾(39)の主張がきっかけで「解散」となった。「存続」を希望した木村拓哉(43)の願いはかなわなかった。香取はなぜ強硬に「解散」を主張したのか。

メンバーになったのは11歳の時。最年少だった。視線には常に年上メンバーがいた。手本であり目標であり尊敬した。グループ愛は誰よりも強くなった。

大変な仕事でも「SMAPですから」と涼しい顔をする。最近は公演の総合演出も任された。お人よしの草なぎ剛(42)を「(まるで僕の)弟になっちゃって。一番下なんですけど」と言う。SMAPを誇りに思い、強い責任感も持っていた。

SMAPをサッカーチームに例えたこともあった。「木村君と中居君がツートップ。DFは稲垣君。草なぎはGKで、実は司令塔が香取慎吾です(笑い)」。5人そろう取材現場では、リーダー中居正広(44)と違った立場でフォローや雰囲気づくりを担い体面を守った。7年前に言った。「SMAPが本当に大好き。ファンなんです。だから僕は一生SMAPでいたい」。

木村を尊敬して慕った。「厳しいけどやさしい。僕はあんな風になれないけど憧れです」。木村も何かと目をかけた。香取がサッカー日本代表に関わる仕事の日にはメールで励ました。香取はうれしそうにいつも文面を紹介した。

1月に表面化した独立騒動。たとえグループが分裂しても、単独で事務所に残留するという木村の決断に驚き不信感を抱いた。大好きだったSMAPを混乱させたのは木村と考えた。メンバー間に生まれた確執はくすぶり続け、香取は周囲に「もうメンバーの顔も見たくない」とこぼした。愛していたからこそ絶望する気持ちが最も強かった。かつてこう言っていた。「チームのメンバーを本気で嫌いになった時は、本当におしまい」。その言葉が現実になってしまった。

http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cpettp01608210010.html

1

続きを読む

 - ニュース