いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

「隠れ貧困層」推計2000万人 生活保護が届かぬ生活

   

「隠れ貧困層」推計2000万人 生活保護が届かぬ生活

核家族とか単身やめるようにしないとねぇ

1:たんぽぽ ★:2016/09/28(水) 18:49:53.34 ID:CAP_USER9.net
生活保護を受ける人は200万人を超え、20年前の2・4倍に増えました。その背後には、さらに膨大な「隠れた貧困層」もひかえています。人々が安心して暮らせる手立ては用意されているのでしょうか。

「毎月やりくりしても赤字が出ちゃう…」

埼玉県の女性(77)が、通帳とにらめっこしながらため息をついた。10年前には100万円以上あった貯金は、すでに10万円を切っている。

40代で会社員の夫と別れ、子連れで住み込みの寮母などをして息子2人を育てた。清掃員をしていた70歳のとき、高齢を理由に仕事を辞めさせられた。その後は探しても職がなく、年金頼みの暮らしになった。

女性は厚生年金の加入期間もあり、もらえる年金は1カ月で9万円ほど。うち半分は、一人で住むアパートの家賃にあてる。電話代や光熱費などで計1万円強。食費を切りつめても、長年かけてためたお金が目減りしていく。息子たちが月2万円ずつ援助してくれると言うが、もらえない月もある。それぞれの生活で大変なことを思うと、催促はできない。

年金収入だけでは、生活保護の基準を下回っている。だが、「保護の申請は気持ちの踏ん切りがつかない」と言う。

「生活保護は本来、障害や病気に悩む人のための制度だと思う。昔から健康に働き、子どもを育ててきたプライドがある。なんとかやり繰りしなければ」

以下ソース
http://www.asahi.com/articles/ASJ9N42Z9J9NULFA00Y.html?iref=comtop_8_02

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1475056193/

続きを読む

 - ニュース