いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

橋本環奈、ブレイクのきっかけとなった「奇跡の1枚」の“誕生秘話”明かす

   

橋本環奈、ブレイクのきっかけとなった「奇跡の1枚」の“誕生秘話”明かす

1: シャチ ★@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 15:22:25.16 ID:CAP_USER*.net

女優の橋本環奈(17)の初主演映画「セーラー服と機関銃―卒業―」(前田弘二監督)が公開中だ。1981年に薬師丸ひろ子(51)主演で大ヒットした映画の続編で、35年ぶりに主人公の「星泉」を演じた。「天使すぎるアイドル」と呼ばれた17歳の透明感ある表情の裏には、強い精神力を隠し持つ。「女優としての第一歩をスタートさせていただいた気持ちが強い」と、さらなる飛躍に向けた思い。13年に話題となり、ブレイクのきっかけとなったファン撮影の「奇跡の一枚」の“誕生秘話”も語った。
(中略)

デビューしてしばらくは無名だったが、13年に状況が一変した。「奇跡の一枚」と言われるライブの写真だ。13年5月に行われた「博多どんたく」でファンが撮影した一枚をブログに投稿し、半年後にインターネット上で「1000年に1人の逸材」「天使すぎるアイドル」と大きな話題となった。

「そのとき、初めてメンバー全員で車で東京に来ていて分からなかったけど、(福岡に)帰ったら事務所の電話が鳴りやまなくて。でも、あまり自分のことという実感がなくて、不思議でした。これは夢だなという感覚しかなかったです」

「奇跡の一枚」は偶然が生み出したものだが、その「奇跡」を引き出したのは、橋本自身でもあった。

「『奇跡の一枚』という名前があるけど、私は『奇跡的』だと思う。あれは、ステージの一番後ろの一番端っこで踊っている写真。隠れて見えないような隅っこ。その頃、グループも20人ぐらいいて、選抜で(出演者が)決められていた。『博多どんたく』は先にメンバーが決まっちゃっていて『えっ、出たかったのに』って、事務所の社長に直談判しにいきました。『何で出られないんだ』ってダンスを見てもらって『じゃあ、このステージは広いから、後ろなら踊っていい』って出してもらったんです。そういう意味でも奇跡でした」

結果的に、まだ中学生だった少女の名前が一気に世間に知れ渡った。

「話題になって、多分ですけど、みなさんが『すぐいなくなるだろうな』と思っていただろうし。でも、私は深く考えていなかったと思う。いろいろ(仕事に)呼んでもらって、初めての経験もいろいろあったし、そのときに、この仕事がより一層楽しくなりました」

201603183.png

奇跡の1枚
201603184.jpg

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160317-00000133-sph-ent
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458282145/

 - ニュース