いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

小保方晴子のSTAP現象が本物だった件wwアメリカの研究者グループがネイチャー姉妹版に論文を掲載ww(画像)

   

小保方晴子のSTAP現象が本物だった件wwアメリカの研究者グループがネイチャー姉妹版に論文を掲載ww(画像)

1: 2016/03/19(土) 13:46:33.49 _USER*.net:ID:CAP

小保方晴子氏が発見した「STAP現象」が、アメリカの研究者グループによって報告されていた。
2015年11月27日に英国科学雑誌「ネイチャー」姉妹版のオープンアクセスジャーナル「ネイチャー・サイエンティフック・リポーツ」に掲載された。

それは、米テキサス大学医学部ヒューストン校のキンガ・ヴォイニッツ博士らが、 負傷したマウスの骨格筋から幹細胞になる新規の細胞集団を発見したと論文で発表したものだ。

題名は『損傷誘導性の筋肉由来幹様細胞』で英文の頭文字「injury induced muscle-derived stem cell-like cells」からiMuSCsと名付けられ、 それを証明したものはヴォイニッツ論文と呼ばれている。キンガ博士は同論文の要旨をこうまとめている。

「我々は最近、損傷を受けたマウスの骨格筋のなかに、新しい幹細胞の集団を発見しました。 このiMuSCsは、分化した筋原性細胞が部分的に初期化されたものであり、多能性によく似た状態を示しました。」

同論文では、マウスの骨格筋肉の細胞が怪我の外的刺激によって初期化の変化が見られ、 それを単離して培養したところ、細胞が多能性を示し、幹細胞状態(ES細胞様)になった成果を報告している。

同論文には、小保方氏がストレス刺激で細胞の初期化を報告した「STAP細胞論文」の実験結果とよく似た部分があり、いくつかの共通点が確認できる。 それは、「外的刺激で体細胞が初期化し、分化が可能な多能性を示した」という部分だ。

つまり、STAP現象が確認されたということになる。
http://biz-journal.jp/2016/03/post_14306.html

 - ニュース