いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

【情弱夫婦】生命保険「支払い月9万円」に悩む夫婦の見直し大作戦

   

【情弱夫婦】生命保険「支払い月9万円」に悩む夫婦の見直し大作戦

WS000001

1:nita ★:2017/08/19(土) 15:37:34.12 ID:CAP_USER9.net
8/19(土) 9:30配信

 A子さん夫妻は来店型保険代理店を訪ねて新たな保険に加入した結果、保険料の支払いが月9万円になってしまいました。ファイナンシャルプランナーの岩城みずほさんが「掛け捨てか貯蓄型か」をポイントに、A子さん夫妻の保険契約の問題点を解説します。【毎日新聞経済プレミア】

 ◇年間保険料が年収の約2割にも

 A子さん(28)は大学卒業後、正社員の一般事務職として働いています。2年前に会社員の夫(32)と結婚しました。

 A子さんは結婚するまで、勧められるがままに掛け捨て型医療・死亡保険に入っていました。年間の保険料は13万円で、更新時に保険料が上がるタイプです。「掛け捨て型は損かも」と思い、結婚を機に、保険代理店で保険を見直し、貯蓄型といわれる保険に切り替えました。また、保険に入っていなかった夫も新たに保険に入りました。

 その結果、新たに契約した保険は6本、年間の生命保険料は2人でなんと合計110万円にもなってしまいました。夫の手取り年収は約380万円、A子さんは約200万円です。家計の約2割が保険料となっては、貯蓄もできません。なぜ、こんなことになったのでしょうか。

 A子さん夫妻が訪れた代理店は、テレビコマーシャルで見た複数の大手生保の商品を展開する来店型保険代理店です。今後、子どもができれば教育費もためていかなければなりません。掛け捨て型よりも貯蓄型の方が、自分たちにふさわしいと考えていました。

 担当者は熱心に話を聞いてくれました。A子さんは好感を持ち、貯蓄性のある終身保険(夫の保険金額1000万円、A子さんは300万円)と、それぞれに終身医療保険、さらには個人年金保険(それぞれに約600万円ずつ)の合計6本に加入しました。すべて貯蓄型の商品でした。

 新たな保険料は年間110万円、1カ月あたり約9万円です。しかし「貯蓄型なのだから損はない」と考え、思い切りました。それまで加入していた掛け捨て型保険は解約しました。

 ◇保険料が高すぎて貯金できず

 保険を見直して2年がたちましたが、保険料負担が重く、夫婦はその間まったく貯金ができませんでした。夫婦それぞれの独身時代の貯金が計70万円あるだけです。A子さんは、このまま保険料を払い続けていいのか、さすがに不安になりました。

 保険会社が契約者に約束する運用利回りの「予定利率」が低い現在、保険で貯蓄するのは困難です。生命保険は長期契約のため、保険会社は万一のときに契約者に支払うための「責任準備金」を積み立てます。

 この責任準備金の運用予定の利率を「予定利率」と言い、「保険料」は予定利率をもとに計算されます。予定利率が高ければ運用益が多く見積もられるので、保険料は安くなります。逆に予定利率が下がれば、保険料は上がります。契約者が同額の保険金を受け取るには、より多くの保険料を支払わなければならないのです。

 来店型保険代理店は、「複数の保険商品を比較検討して、ご夫婦にふさわしい保険を選びました」と言って、6本もの保険への加入を勧めました。そこで彼らが勧めたのは、顧客の希望に沿った保険ではなく、あくまで保険会社と代理店に利益をもたらす保険商品なのでしょう。

 A子さん夫妻の保険契約を調べたところ、途中解約しようにも、加入から25~30年は元本割れが続くため、「貯蓄ができる保険」ではありませんでした。加入時に代理店や営業担当者に支払われる手数料などが高く、全体としてコスト高になるためです。

>>2以降に続きます

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000016-mai-bus_all

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503124654/

続きを読む

 - ニュース