いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

37歳婚活女性「普通でいいんですよ、普通で! でも、その普通が見つからない」

   

37歳婚活女性「普通でいいんですよ、普通で! でも、その普通が見つからない」

WS000013

1:名無しさん@涙目です。:NG NG
■“普通の人でいいから結婚したい”という難題

 里美も、明らかに焦っていた。「これまでは、勉強をすれば成績が上がった。仕事にまじめに取り組めば、それが評価されて花形の部署に配属になった。それなのに、婚活は頑張れば頑張るほど出口の見えないトンネルの中に迷い込んでいくんです。もちろん、頭ではわかっているんですよ。年を取れば取るほど、すてきな男性はもう残っていないし、年々少なくなっていくって。だから高望みしているわけじゃない。普通でいいんですよ、普通で!  でも、その普通が見つからない」。

 婚活疲れを起こしているアラフォー女性は、みんな里美と同じ気持ちではないだろうか。「高望みはしていない、普通でいい」という。ただ、ここには大きな落とし穴がある。
“見た目”も普通、“年齢”も『普通』、“年収”も『普通』、いわゆる平均値(普通)を求めていたら、その男性は『普通』×3。すべての『普通』がそろっていたら、かなりレベルの高い人になっているのだ。

 婚活に疲弊し切っている里美だが、歩みを止めることはしたくないという。そこで1対1のお見合いではなく、1対多数の婚活パーティでの出会いを勧めた。パーティといっても、仲人が自宅を開放して行うホームパーティの要素が強いもの。最後にマッチング結果を発表するのではなく、もう一度会いたい相手を紙に書いて、後から仲人を通じてマッチングしたかどうかを会員に伝える形式にした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170907-00187274-toyo-soci&p=3

元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1504796540/

続きを読む

 - ニュース