いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

脱毛にいそしむ“ハイジ男子”が急増 変わる男のムダ毛処理事情「モテから自己充実へ」

   

脱毛にいそしむ“ハイジ男子”が急増 変わる男のムダ毛処理事情「モテから自己充実へ」

WS000032

1:ノチラ ★:2018/06/19(火) 19:56:08.80 ID:CAP_USER.net
 ネット上で、アンダーヘアのムダ毛処理にいそしむ男性を表す“ハイジ男子”なるユニークな言葉が出現。一部芸能人やスポーツ選手には定番となりつつある男性脱毛だが、それを裏付けるように男性用のアンダーヘアケアのボディトリマーも大ヒット。現在、市場をけん引するヒット商品である、パナソニックのボディトリマーの担当者に男性のムダ毛処理事情について聞くと、男性層の“美意識の変化”が浮き彫りになってきた。

■芸能人・スポーツ選手も実施 脱毛ケアにいそしむ「ハイジ男子」とは?

 “ハイジ男子”とは、アンダーヘア(VIOゾーン)を永久脱毛した女性のことを指す“ハイジニーナ”にちなんで、同様に処理している男性のことを表す言葉。ビキニラインをエステに通って脱毛をする男性も出現しているそう。昨年秋、『マツコ会議』(日本テレビ系)でアンダーヘアの脱毛を行う男性層が取り上げられた。脱毛サロンで男性客が増えて、もはや男女が半々という比率になっており、男性客層のメインは30代から40代の普通のサラリーマンだという。その放送を受けてSNS上では「女性にとってもプレッシャーになる」「もっとハイジ男子増えてイイ」と賛否両論の反響を示した。

 一部芸能人でも“脱毛男子”の動きがあるようだ。「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇が、自身の脱毛事情を明かした。濃い髭に悩み、ひげを剃っている時間がもったいないと考え始め永久脱毛したところ、「もっと脱毛したいって気持ちになった」「今は下(の毛)もない」と、前身つるつるの脱毛事情を告白し、出演者を驚かせた。

 アンダーヘア処理は欧米の女性の間で10年以上前から定番化していたが、数年前から男性層にも飛び火。サッカー選手を中心に広まり、ヨーロッパのサッカーリーグでは今や一種のエチケットになっている。過去、香川真司はマンチェスター・ユナイテッドFC所属時代に、『やべっちFC』(テレビ朝日系)の中で、チームメイトと同様にアンダーヘアを処理していることを告白。さらに、「慣れたら逆に生えていると気持ち悪いですね」と海外のムダ毛処理事情と心境の変化を語ったことも。

https://www.iwate-np.co.jp/article/oricon/2113742

元記事:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1529405768/

続きを読む

 - ニュース