いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

副業、4分の3が認めず=企業、過重労働を懸念

   

副業、4分の3が認めず=企業、過重労働を懸念

WS000046

1:孤高の旅人 ★:2018/09/18(火) 17:15:21.39 ID:CAP_USER9.net
副業、4分の3が認めず=企業、過重労働を懸念

 政府が推進する会社員の副業や兼業について、4分の3以上の企業で認める予定がないことが、厚生労働省所管の独立行政法人、労働政策研究・研修機構の調査で明らかになった。

 認めない企業の82.7%が「過重労働で本業に支障を来す」と答えた。企業の抵抗感が依然として根強い様子がうかがわれる。

 調査では75.8%の企業が副業・兼業の許可について「予定なし」と回答。「許可している」は11.2%、「許可を検討している」が8.4%だった。許可しない理由では過重労働のほか、「労働時間の管理・把握が困難」が45.3%と、複数の職場を掛け持ちする中での実務上の問題を挙げた。

 労働者に対する調査では、副業・兼業を「新しく始めたい」との答えが23.2%、「機会・時間を増やしたい」が13.8%。一方、「するつもりはない」は56.1%だった。

 副業をしたい理由では「収入を増やしたい」が85.1%でトップ。逆にしたくない理由は「過重労働で本業に支障を来す」が61.6%、「家族や友人と過ごす時間を重視する」が56.5%で上位を占めた。

 調査は2~3月に実施し、全国の従業員100人以上の企業2260社、労働者1万2355人から回答を得た。政府は1月にガイドラインやモデルとなる就業規則を策定し、原則として副業や兼業を認めるよう企業に求めている。

9/18(火) 15:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000060-jij-pol

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537258521/

続きを読む

 - ニュース