いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

結婚できない “いい年をした” 男女の共通点 「親離れ・子離れ」の呪縛

   

結婚できない “いい年をした” 男女の共通点 「親離れ・子離れ」の呪縛

WS000055

1:砂漠のマスカレード ★:2019/03/31(日) 02:31:05.43 ID:x2qsPRmn9.net
“親離れ”という言葉がありますが、婚活中の30代、40代、50代の中に、これができていない方たちがとても多く見受けられます。
また、そういう方の親は、“子離れ”ができていません。

婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えてゆく連載。
今回は、『いつまでも親離れ子離れできない人たちの婚活事情』です。

県内の男性と結婚してほしい

一夫さん(51歳、仮名)は、九州の出身ですが、都内の大学を卒業後は都内のメーカーに就職をし、そこからずっと関東圏内での暮らしをしてきました。

現在は、埼玉に一戸建てを購入し、東京の大手町まで通勤しています。

51歳という年齢ですが、結婚したら子どもを授かることを望んでおり、お見合いを申し込むのは30代後半から41歳くらいまでの女性でした。

ところがアラフォー女性で、“できることなら最後のチャンスで子どもを授かりたい”と思っている方たちは50代の男性は敬遠して、なるべく年の近い男性と結婚をしたがります。

それは、稼ぎ手になる男性にできるだけ長い年月働いていてほしいからです。

こうした事情で、子どもを望む50代男性は出産可能な年齢の女性とお見合いが組めず、みなさんがとても苦労をしているのです。

ところがある時、一夫さんがお申し込みをかけた九州在住の敦美さん(37歳、仮名)から、お見合い受諾のお返事がきました。
お写真を見るととても可愛らしい女性だったので、一夫さんは大喜びでした。

「コメント欄に『同郷ですね』とひと言入れたのがよかったのでしょうか。
親近感を持ってくれたんでしょうね。お見合いに行ったら、帰りに実家にも寄って、父や母の顔を見てこようと思います」

そんな話をうれしそうにしていました。

そして、お見合いの日程調整を始めたのですが、数日後、突然女性の相談室から、お見合いキャンセルの連絡がきました。その理由がこうでした。

「敦美さんの親御さんが、関東圏にお嫁にいくことを反対しているので、今回のお見合いはキャンセルにしたい。できたら県内で相手を探してほしいと言っているんです」

敦美さんのプロフィールには、“男性は同じ県内の方限定”などとは書かれていませんでした。そして、自分の意思で受けたお見合いだったはずです。

それなのに、37歳のいい年をした女性が親に言われたことに従って、いったん受けたお見合いをキャンセルする。

そもそも九州は、独身男性不足で婚活女性たちは、お相手探しにとても苦労しています。九州では探せず、関西方面にお見合いに行く女性もいるほどです。

そんな状況なのに、ご自身が住んでいる県内限定で結婚相手を探したら、見つけることはとても難しくなります。誰の結婚か。親の結婚ではなく、ご自身の結婚なはずです。

http://news.livedoor.com/article/detail/16242613/
2019年3月30日 21時0分 週刊女性PRIME

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553967065

続きを読む

 - ニュース