いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

マタニティマークが付けられない・・・ 妊婦が萎縮するすさんだ「少子化」日本社会

   

マタニティマークが付けられない・・・ 妊婦が萎縮するすさんだ「少子化」日本社会

気付かない人はいるだろうけど悪意を持ってる人はいるんかねぇ?

1: ニールキック(北海道):2016/06/01(水) 21:58:07.59 ID:FoywO3E50
9年前、私が妊婦になった頃は、まだ知らない人の方が多かったマタニティマーク。その後、認知度が上がり、電車内で席を譲ってくれることもあると聞いていたのだが、
最近その状況は大きく変わっている。

認知度が高まったが故に、妊婦さんたちは「妊婦だと知られることが怖くて、安易には付けられない」というのだ。

Twitterのまとめサイトには、妊婦だということで『故意に足をかけられた』『お腹を殴られた』『ホームに突き落とされた』と、信じられないようなコメントが並ぶ。
そのほとんどが、誰もが乗る公共交通機関での出来事だ。

1年ほど前から話には聞いていたが、ごく一部の人が経験したことが、SNSで大きく広がっているだけだと思い込んでいた。しかし、少なくとも首都圏においては、そうではなかった。
なぜ付けないのか?妊産婦さんたちが語る、その理由は

先日、別の取材に関連する形で、FBを通じて妊産婦さんたちに問い掛けた。『怖い思いをするからとマタニティマークを付けなかったという妊婦さん、ご存知ですか?』と。
あくまでも友人限定のFB。それなのに、実際に怖い経験があったり、マタニティマークは付けない(付けなかった)というコメントが並んだのだ。

そして、何よりも驚いたのは、彼女たちが萎縮していて『妊婦で申し訳ない』という気持ちを持っていたことだ。彼女たちは会社員として働いていたために
、電車通勤をするしかなかった人たち。何も悪いことはしていない。

そもそも、マタニティマークは『席を譲ってください』と訴えるためだけに使われるものではない。急に体調が悪くなった時など、
いざという時に妊婦だと分かってもらえるように、付けるためのものだったはずだ。何かあったら怖いから、申し訳ないから、という理由で付けない人が増えたら、本末転倒である。
少子化対策を充実させることは、もちろん急務に違いないが、もう少し社会の目が温かくなる日が来ないものかと強く思う。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/fujimuramisato/20160530-00058227/

元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1464785887/

続きを読む

 - ニュース