いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

【ドラマ】『ソニー損保』さえ続いていれば…瀧本美織、朝ドラ主演女優が地域ドラマに都落ち

   

【ドラマ】『ソニー損保』さえ続いていれば…瀧本美織、朝ドラ主演女優が地域ドラマに都落ち

1:湛然 ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 22:52:57.10 ID:CAP_USER9.net

6月22日にNHKのBSプレミアムで放送する愛媛発地域ドラマ『"くたばれ"坊っちゃん』(22:00~22:59)
の完成試写会が30日、東京・渋谷の同局で行われ、主演の勝地涼、瀧本美織が出席した。

NHK松山放送局開局75周年記念として制作された同ドラマは、
愛媛県松山市を舞台に、小説『坊っちゃん』で"坊っちゃん"に成敗された赤シャツの孫にあたる
矢崎純平(勝地涼)を主人公にした物語。

10年振りに松山へ戻ってきた純平が、因縁をつけてきたひとりの老人(山崎努)に
宿命を感じながらも、町おこしの大きな渦中に巻き込まれていく姿を描く。

主演の勝地は「瀧本さん演じるゆかりの『松山の人間はただでは起きんから』というセリフは、
自分自身壁にぶつかったり挫折することもあるので、そういった前に進もうという気持ちに共感しました。
誰しもが共感できる普遍的なテーマなので、多くの方に見ていただきたいです」とアピール。

その勝地が演じる純平と同級生で道後商店街のマドンナ的存在のゆかりを演じた瀧本は
「今回初めて松山に滞在したんですが、気候も穏やかで街並みもすごく綺麗でしたし、
美味しいものも沢山あって純粋にこの街が好きになりました。
松山は海の幸ですよね。最高でした!」とロケ地の松山を気に入った様子だった。

この日は出席しなかったが、共演した山崎努の印象を
「正直ビビっていましたが、果敢に攻めようと思って若い時のお話だったり黒澤組のお話をうかがいました。
役にはとことん真っ直ぐに入る方で、自分はまだまだその域にいけてないと思いましたね」と勝地が語れば、
瀧本も「私はそこまで攻めれませんでしたが、発せられるセリフの一言一言に深みがあり、
そこに立っているだけで絵に深みがありました」と尊敬の眼差し。

また、共演した印象ついて、勝地は
「瀧本さんは本当に笑顔が素敵。現場にいらっしゃるとその場が明るくなります。
瀧本さんと目と目を合わせた芝居では心が動くというか、相手に訴えかけるお芝居をされる方だと思いました」と回答し、
瀧本も「勝地さんの目を見てウルっときました。
目が印象的で、ずっと見ていると純平の成長が表情でわかりました。
現場でも皆さんのことを良く見ていらっしゃるし、作品のことを一番大事に考えている思いが伝わってきて、
勝地さんは尊敬する先輩です」と賞賛するなど、互いを褒め合っていた。

http://news.mynavi.jp/news/2016/05/30/305/
no title

no titleno title

【ドラマ】瀧本美織、共演した勝地涼から「相手に訴えかけるお芝居をされる方」と絶賛
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1464616377

 - ニュース