いんふぉたくさん

2chの気になるニュースをまとめてお知らせ

【ドラマ】鈴木保奈美、18年ぶり連ドラ主演!『ノンママ白書』で49歳バツイチ子無しヒロインに

   

【ドラマ】鈴木保奈美、18年ぶり連ドラ主演!『ノンママ白書』で49歳バツイチ子無しヒロインに

1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/06/29(水) 07:52:40.69 ID:CAP_USER9

女優、鈴木保奈美(49)が8月13日スタートのフジテレビ系「ノンママ白書」(土曜後11・40)で
18年ぶりに連続ドラマに主演することが28日、分かった。

1990年代を席巻したトレンディードラマの女王が演じる役は、まさに同時代を駆け抜けた
50歳目前のバツイチ、子供がいないキャリアウーマン。
8月に50歳を迎える保奈美がアラフィフの本音をリアルに体現する!

1991年、25歳のときに大ヒットドラマ「東京ラブストーリー」でヒロインを演じてから四半世紀…。
50歳目前の保奈美が18年ぶりの連ドラ主演で同世代を応援する。

「ノンママ白書」は、子供を持たずに生きる「ノンママ」になったアラフィフ女性たちの物語。
保奈美が演じるのは、バツイチで子供がいない広告代理店勤務の49歳の玲子。
男女雇用機会均等法施行後の1989年に入社し、会社初の女性管理職昇進がかかる
50歳目前のキャリアウーマンだが、ワーキングマザーが台頭する時代、会社や世間に振り回されながらも孤軍奮闘する。

共演者も同じアラフィフ黄金世代だ。主人公とかつて男女の仲だった同期社員を高橋克典(51)、
ノンママ仲間で、美人でありながら婚期を逃した同期を菊池桃子(48)が演じる。

90年代に一世を風靡した保奈美は、98年にとんねるずの石橋貴明(54)と再婚して3女を出産。
99年から子育てに専念し、2008年に復帰。主人公のように激動の時代を生きてきた。

制作側は「主人公を新しい時代のロールモデルとして世に送り出してくれる」と期待する。

98年放送のフジテレビ系「ニュースの女」以来の連ドラ主演作は、自身の誕生日である8月14日の前日13日にスタート。
保奈美は「主演ということを突き詰めると具合が悪くなりそうなので、あまり考えないようにしています」とおどけ、
「50歳になるタイミングでお話をいただき、不思議なご縁を感じました」と静かに女優魂を燃やす。

同じ枠は現在、とんねるずの木梨憲武(54)の妻、安田成美(49)が主演する「朝が来る」が放送中。
主演のバトンが成美から保奈美に引き継がれ、アラフィフ世代の胸を打つ名作を送り出す。

http://www.sanspo.com/geino/news/20160629/geo16062907010021-n1.html
・「ノンママ白書」土井玲子役の鈴木保奈美
no title

引用元: ・【ドラマ】鈴木保奈美、18年ぶり連ドラ主演!「ノンママ白書」49歳バツイチ役に

 - ニュース